もしもあなたが、売り上げが上がるライターを求めているなら、ここに答えがあります。

 

「ブログを書けば、ホームページのアクセスがふえる」

「見込み客とのリレーションをつなぎとめておくために、メールマガジンを発行する」

「ニュースレターで、リレーションをふかめ、セールスレターで販売する」

「小冊子をつくり、お客さまへくばれば、小冊子が営業マンの役割をしてくれて、売り上げがあがる」

 

以上は、いままで信じられてきた、マーケティング戦術です。そして、いままで効果を発揮してきた、

マーケティング戦術です。

今までは・・・。

 

そうですね、2007年ぐらいまでは、効果を発揮してきたのではないでしょうか?

ここでちょっと、思い出してください。

2003年ぐらいから、販売手法としてダイレクト・レスポンス・マーケティングが注目されてきました。


それは、あのカリスマ経営コンサルタントの神○氏が、アメリカのダイレクト・マーケティングを日本流に

アレンジしたものでした。

 

ダイレクト・レスポンス・マーケティングとは?

ダイレクト・レスポンス・マーケティングを一言でいえば、

弱者が強者に勝つ販売手法です。

それは、インターネットマーケティングと、相性がぴったりのものでした。

 

そのため、ダイレクト・レスポンス・マーケティングは、2005年ぐらいからインターネットマーケティングへ

と発展していきます。

そして、Webサイトやメールマガジンによる販売の売り上げは、2007年ぐらいにピーク迎えます。

 

しかし今は・・・

未曾有の不景気の2009年現在は?

今まで通用してきた、ダイレクト・レスポンス・マーケティングの手法に、お客さまが反応しなくなってきて

いるのです。

 

「しかし、いわなみさん。今でも、売り上げ好調な商店や、売り上げ好調なWebサイトがあります」

 

その通りです。未曾有な不景気の今でも、以前と変わらず売り上げをあげている商店やWebサイトがあります。

 

売り上げ好調のわけ

売り上げが好調の企業や商店、Webサイトがある。そのわけは、まず商品のクオリティが高いことです。

正直におはなししましょう。

2007年ぐらいまでは、ダイレクト・レスポンス・マーケティングを駆使しさえすれば、競争力のない商品、平凡な

商品でも売り上げを上げることができたのです。

 

エスキモーに氷を売る。

 

と、いわれているものです。

しかし、現在のコンシューマーは、様々なマーケティング手法を毎日、シャワーのように浴びています。

今までのようなやり方では、通用しなくなってきています。

あなたのターゲットユーザーは、あなたからのメッセージはスルーして、商品本来のクオリティを見るようになって

しまっています。

いくら、マーケティング手法でお客さまの感情をあおっても、お客さまは反応してくれなくなっているのです。

2007年ぐらいまでなら、誰がコピーを書いても売ることができました。

具体的にいえば、ニュースレターやセールスレターを、マーケティングの書籍に書いてあるとおりに書けば、販売へと

結びつくことができたのです。

 

ヘタクソなコピーでもパターンどおりに書けば、商品は売れたのです。

 

ニュースレターやセールスレターだけでなく、小冊子やWebサイト、メールマガジンも同様です。ヘタクソなコピーでも、

マーケティング手法にしたがったパターンで書けば、商品を売ることができたのです。

その証拠に・・・

 

全然売れなくなった

メールマガジンでの売り上げが、軒並み落ちているのです。メールマガジンは、お客様との接点が文字、すなわち

コピーだけで販売していきます。

セミナービジネスを展開している私の知人は、読者数が3万人を超えるビジネス系のメールマガジンに広告をだして

いました。

2006年ぐらいまでは、そのメールマガジンに広告を掲載すると、30名定員の参加費50万円の高額セミナーが満員に

なっていました。

 

メールマガジンへの広告代は、10万円以上していましたが、高額セミナーが満員になるのです。広告のコストは全く

問題になりませんでした。

 

それが現在では、同じメールマガジンに同じセミナーの広告を掲載しても、全く申し込みがありません。

この現象は、セミナーだけではありません。

物販でも情報商材の販売でもおなじです。コピーだけで売ってきた、メールマガジンではお客さまは反応しなくなってしまい

ました。

 

パワーライター

こんな時代でも、コピーだけで商品を販売し続けている、コピーライターがいます。

メルマがのみを駆使し、0.3%~3%のレスポンスを維持し、商品を販売しつづけているコピーライターがいます。

彼らは、パワーライターと呼ばれています。

パワーライターのコピーライティング手法は、そのバイイングパワーから、パワーライティングと呼ばれています。

私は、パワーライターとして、ニュースレター、セールスレター、メールマガジンを書き、ブランディングやマーケティングの

著書、小冊子のゴーストライターとして、書いてきました。

そして、私が書いたものは全て、売り上げに結びつくのです。

 

コピーライティングで売り上げを上げる方法

セールスレターでも、小冊子でも、メールマガジンでも、コピーライティングで売り上げをあげるのは、とてもカンタンです。

プロダクトとターゲット、すなわち、商品を知り、お客さまを知れば良いのです。

商品知識は、販売している方なら誰でももっている知識でしょう。

しかし、お客さまの知識となると・・・

 

例えば小冊子。

 

子育てをしているご夫婦をターゲットとした、『子育て世代の家づくり』という小冊子を書くとイメージしてみてください。

あなたが執筆を依頼したライターが、子育てをした経験がないとしたら、 お客さまに伝わるコピーを書くことはできないの

です。

どんなに優秀なライターでも、知らないことは書けません。

しかし手段はあります。子育て経験のあるターゲットユーザーへインタビューをすれば良いのです。そうすれば、ターゲット

ユーザーの購買感情を刺激するコピーを書けるでしょう。

しかし、この場合、大きな問題が一つあります。

 

ターゲットユーザーの本音を引き出す、インタビュースキルがあるかどうか・・・。

 

結果を出すコピーライター

このホームページを読んでいるあなたは、きっと、私の知人からこのホームページを紹介していただいたのだと思います。

きっと私がどんなコピーライターかをご存知のことだと思いますが、自己紹介をさせてください。

 

名前は、いわなみゆうすけ

妻一人、娘二人、柴犬一匹。 子育て世代が終わりそうな時期。

30年ローンのマイホームを持つ。

東証一部上場企業勤務(副業は許可済み)

NPO法人日本インタビュアー協会副会長

日本拳法黒綾館 主将

このような経歴を持つコピーライターである私が書く、ニュースレター、セールスレター、小冊子、

チラシ、Webサイトの販売コピー、ブログ、メールマガジンに、あなたが興味をお持ちなら、以下へメールをください。

げんゆう

注意:必ずご紹介いただいた、私の知人の名前、もしくは本をご覧になったのなら、著書名を明記してください。

ビジネスは信用第一ですので・・・。

 

追伸

もしもあなたが、私の知人から紹介がない場合、あなたからのメールに返事をしない場合があります。

その場合、気分を害されたのなら、お許しください。

 

あなたに、雪崩のごとく良いことが訪れますように・・・。